読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☓2結婚カウンセラーの思考録

2度の結婚・離婚、子育てを経たからこそ見えてきたさまざまな物事を綴ります

TRUE LOVE …

映画『ボクの妻と結婚してください。』を観てきました。

一緒だった娘と娘の友人も「泣けたナケタ」と感涙していました。

登場人物みんなが温かくて、

家族ってイイナ。。と思える、とても良いお話でした。

 

自分の亡き後の、

愛する妻と息子のために、

最高の夫・父親となる相手を探して、

仲をとり持とうと奮闘する夫。。

究極の愛ですよね。

自分がこの世から去っても、

残された家族にはまだまだ先の長い人生が続いて行く。

その未来の幸福を願って…


本当に、心から、家族を想うからこそ、の、愛情。。

深いですよね。

世の中こんな人ばかりだったら

どんなに平和で思いやりに満ちた世界になるでしょう。。憧れます。

 

 

先日。

私の友人の従姉の方で41歳になられる方が、

長年お付き合いしている彼と結婚したいけれど彼の方にその気が更々なく、

その方は子どもも望んでいるので、

他に良い人が居たら、なるべく早く結婚したい、

と仰って、婚活カウンセリングを検討されていらっしゃいました。

が、考えた結果、

「やっぱり彼が好き。結婚できなくても彼と居たい。」との結論を出されました。

いざ、具体的に他のお相手…?と考えてみて、

改めてご自身の本当の気持ちを確認できたというところでしょうか。


素敵ですよね…。

ここにも、映画と似た、純粋な愛情が存在している。。

と、私は何か、ホンワカしました。

自分の欲求を抑えても、

この人と居たい!

と思えるほどの、絆と言いますか、。

 そんなお相手がいらっしゃるということが、

実は最高にシアワセな人なのかも知れませんね。



つくづく思うのは、

人のご縁って、本当に稀有で、尊いな、ということ。

ギュウギュウの満員電車と、人混みで思うように歩けないほどの毎日の雑踏。

こん〜なに大勢の人が居ても(居るから?)

個人が生涯にお知り合いになる人数は、ほんの僅かなものですよね。

袖触れ合うも他生の縁、ともいいますね。

その僅かな人の中で、

恋をして、結ばれるなんて、

マサに奇跡、と、私は常々感じています。

更に、その中で、

ここまで相手のことを、

自分のことを差し置いても、

「好き!」と思える。

相手のことを思い遣ることができる。。

ナンテ素晴らしい……感動します。


こういうのを、

“運命の人”と言うのでしょうね。きっと。